美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前 原宿駅竹下口よりすぐ サーマクール、ウルセラ、ミラドライ、ライポソニックスなど最先端治療に取り組んでいます

美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前

ご予約・お問い合わせ

アクセスはこちら

twitter

facebook

Home表情じわ

表情ジワ

治療方法

ボトックス

喜怒哀楽の表情により生じる目尻、眉間、額、顎先のシワに対して、一定の期間(約3か月)、筋肉の働きを弱くしてシワを寄りにくくする治療をボツリヌストキシン注射といいます。単純に表情ジワを消したり、目立たなくするだけでなく、若々しく上品な表情を顕すことを目標とします。また、本治療はお肌のハリを出す作用も若干伴います。

その他の治療応用として、
ワキに広範囲に注入することによる多汗症の改善(腋臭はボツリヌストキシン注射では改善が見られません)

咬む時に使う咬筋(エラの部分)に注入し顔やせを図る(年齢によってはむしろ老けたり、たるみの原因になるので推奨しないこともあります)

*ダウンタイム・併発症について
1.皮下出血
2.額や目の周囲への注入により、眼瞼下垂や複視、眼瞼浮腫など眼障害
3.頻度は不明ですが、因果関係が否定できない併発症として、呼吸困難、嚥下障害、アナフィラキシーショック、血清病、眼障害、けいれん発作が生じる可能性があります。

*治療が受けられない場合
1.65歳以上の方
2.妊婦の方、授乳中の方
3.本剤にアレルギーのある方
4.筋弛緩剤、筋弛緩作用のある薬を服用中の方。重症筋無力症の方、神経筋障害の病気の方がご家族にいらっしゃる方。
5.その他、医師が治療の適応がないと判断した場合

*注意
女性は治療後2回の月経を経るまで、男性は3か月間避妊する必要があります。

当院は、厚労省が認可している、アラガン社製のボトックス・ビスタを採用しています。

images

オンライン予約はこちら
無料相談はこちら

ページトップ