美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前 原宿駅竹下口よりすぐ サーマクール、ウルセラ、ミラドライ、ライポソニックスなど最先端治療に取り組んでいます

美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前

ご予約・お問い合わせ

アクセスはこちら

twitter

facebook

Homeライムライト(LimeLight)

ライムライト(LimeLight)

ライムライト-光治療(フォトブライト)

ライムライトライムライトは、お肌のシミやくすみ、赤みなどの色調の異常を改善し、トーンアップ(明るく)すると同時に、肌質をも改善する光治療器(IPL)です。
他の機種が、基本的に白人の肌をベースに設計されているのに対して、ライムライトは、日本人医師の見識を織り込んで設計されています。そのため、日本人の肌色、肌質にマッチした治療が可能です。
1回の治療でも、効果をお感じになれる場合が多いのですが、3~4週間おきに5回ほど治療をリピートされることにより、より優れた美肌効果を得ることができます。

当該機器は、FDA(米国食品医薬品局)の承認を得ていますが、本邦では未承認です。医師が海外から個人輸入をしています。

ライムライトのテクノロジー

ライムライトのテクノロジーライムライトは、520~1100nm(ナノメートル)の波長を用いた光治療器です。この波長域の光は、シミや赤みに強く反応する波長を含んでいますので、その両者を改善させることが可能です。ただし、より的確に反応させ、早期に改善をはかるには、様々なテクノロジーが必要になります。ライムライトの場合、このブロードバンドの光を、ガス圧を用いてコントロールし、波長特性を治療上有利に設定しています。また、日本人の肌に合っているとはいえ、実際は様々なスキンタイプの方がいらっしゃいますので、それに対応できるようプログラムが準備されています。さらに、より効果を高めるために、治療対象に応じて皮膚温をコントロールする仕組みになっています。

ライムライトは、安全対策にも十分留意されており、リアルタイムキャリブレーションという、1ショット毎に、設定したエネルギーがきちんと出ているかを監視するシステムがあります。

ライムライトの効果

ライムライトは、以下のように多岐にわたる症状に効果があります。
一つ一つのたー

① 日光性色素斑
② 雀卵斑(そばかす)
③ くすみ
④ 赤ら顔
⑤ 毛細血管拡張症
⑥ ニキビ  など

症例写真

症例写真1

治療前                           治療後

症例写真2

治療前                 治療後1日目          治療後11日目

※ 施術翌日に、薄いカサブタ(マイクロクラスト)が浮き、約1週間で脱落します。

治療の流れ

診察

まずは、診察をさせていただきき、ライムライトの適応の有無を判断します。適応であれば、治療内容や経過の詳細、コストについて詳しく説明いたします。そして、ご納得いただけましたら施術日を決めます。

洗顔

治療前に、お化粧を十分落としていただきます。化粧が残っていると、トラブルの原因になったり、期待する効果が得られないことがあります。

施行

ライムライトを照射していきます。治療対象によって、細かく設定を変えながら治療を行いますお顔全体でも、15分ほどで終了します。

施術後

必要であれば、冷却やお薬の塗布を行います。通常、お化粧をしてお帰りいただけます。

経過

シミの部分が反応し、1週間ほど小さなカサブタが浮いて、目立つ場合があります。気になる方は、カバー力の高い医療用コンシーラをお薦めいたします。

次回治療

通常、3~4週間の間隔で、5回の治療をお薦めしておりますが、できるだけ少ない回数で、ご満足いただけるよう工夫した治療をしています。治療後は照射部位に赤みが生じたり、肝斑が悪化することがあります。まれながら熱傷が生じることがあります。また、効果の現れ方には個人差があります。

*次の方は治療を受けられない場合があります。
・妊婦の方、授乳中の方。
・日光過敏症の方。光過敏症を誘発する薬剤を使用中の方。
・日焼けをされている方、1か月以内に日焼けをする可能性がある方
・光の明滅で痙攣発作が起こる方
・治療対象部位に、外傷や対象外の皮膚病変がある方 白斑の方など。
・金の糸が入っている方、肌色・白色のアートメイクを入れている方
・金製剤を内服したことがある方
・病気で加療中など、医師が治療の適応がないと判断した場合。

オンライン予約はこちら
無料相談はこちら

ページトップ