美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前 原宿駅竹下口よりすぐ サーマクール、ウルセラ、ミラドライ、ライポソニックスなど最先端治療に取り組んでいます

美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前

ご予約・お問い合わせ

アクセスはこちら

twitter

facebook

Homeブリッジセラピー(encore)

ブリッジセラピー(encore)

ブリッジセラピー(encore)

ブリッジセラピー
ブリッジセラピーとは、アンコアというウルトラパルス炭酸ガスレーザーを用いた美肌治療です(炭酸ガスフラクショナルレーザー)。

アンコアは米国のルミナス社が製造している機器で、ウルトラパルス発振という発振形態を有するハイスペックの治療器です。

また、美容皮膚科で行われるレーザー治療の中では最も強力な部類に入り、主に、毛穴、ニキビ痕(凹み)の治療によく用いられます。

ただし、ダウンタイム(赤くなったり、保護剤・テープを貼る必要がある)がありますので、お仕事など社会生活上のスケジュールを考慮する必要があります。

当該機器は、FDA(米国食品医薬品局)の承認を得ていますが、本邦では未承認です。医師が海外から個人輸入をしています。

ブリッジセラピーについて

ブリッジセラピーについて以前は、肌のドラスティックな改善を求めて一定の深さまで皮膚を面状に削り、その後、再生を促すという治療法が行なわれていました。

しかし、長いダウンタイムや併発症(トラブル)の問題があり、特に日本人にとってはハードルの高い治療でした。

そこで、ダウンタイムや合併症のリスクを大幅に減らして同様の効果を得るために開発されたものが、アンコアやフラクセルなどのフラクショナルレーザーと呼ばれる機器です。

治療概念として、面ではなく、ドット状に(隙間をあけながら)熱影響を加えていく治療ですので、複数回の治療が必要になります。
(*フラクショナル fractional=分割 という意味です)

最初に登場したフラクショナルレーザー(初代フラクセル)は、ドット状に皮膚をcoagulate(凝固)していくものでした。
正確に表現すると、一定の深さのごく小さな円柱状の熱凝固した「傷」を皮膚に無数に作るものです
(ノンアブレイティブフラクショナルレーザーといいます)。

この傷が治癒していく過程を「肌の入れ替え」と表現し、
マクロ的には、肌質の改善、ニキビ痕の改善などを期待するのです。

穴をあけるでは、上記のようなフラクショナルレーザーと、このアンコアによるブリッジセラピーはどう違うのでしょうか?

それは、皮膚の表面をドット状に蒸散させる。簡単に言えば、凝固するのではなく、穴をあけるということです。

また、ウルトラパルス炭酸ガスレーザーは水平方向に熱が拡散しにくいという特徴がありますので、蒸散層の下に皮膚の奥深くまで円柱状の熱凝固ゾーンを形成することができるのです。つまり、余計なダメージを抑えて、より深部からの再生が促されるというわけです。

注)ブリッジセラピーには、図のようにDeep FXActiveFXという2つの手法があり、
それぞれ単独で行う場合と、同時に行う場合-TotalFX があります。

DeepFx 動画


http://www.aesthetic.lumenis.com/wt/page/DeepFX_video/

ActiveFx 動画


http://www.aesthetic.lumenis.com/wt/page/activefx_procedure/

ブリッジセラピーの特徴

ブリッジセラピーの特徴ウルトラパルス炭酸ガスレーザーを使用して皮膚をドット状に蒸散させ、入れ替えをはかり、同時にヒートショックを与えることにより、コラーゲンの生成を促進します。

結果、他の治療とは異なるニュアンスの、根本的な美肌効果がみられます。

レーザーとしての完成度が高く、トラブルが比較的少ない治療が可能です。照射密度、レーザーの深達度などを細かく調整でき、各人の症状に合わせた治療が可能です。

DeepFx(小さく深い照射)とActiveFx(大きく浅い照射)の
2種類のフラクショナルレーザーがアンコアには搭載されており、それぞれの治療だけでなく、これらを組み合わせたTotalFxというより強力な治療も可能です。

注)PigmentFxは、フラクショナルレーザー治療の概念には通常含まれません。

ブリッジセラピーによる肌再生のしくみ

ブリッジセラピーによる肌再生のしくみブリッジセラピー後の皮膚は、レーザーの影響を受けていない皮膚がブリッジ(ネット)のように残存している状態になります。
これが皮膚の再生を早め、ダウンタイムの短い治療を可能にしているのです。

  1. 1.シワや皮膚内部が不均一なために、肌のハリやツヤが損なわれているお肌
  2. 2.レーザー照射で皮膚に小さな穴をあける
  3. 3.レーザー照射後、皮膚の自己再生能力によって徐々に穴が修復される
  4. 4.穴の修復に伴い、皮膚内部の細胞分裂が活性化される
  5. 5.穴の完全治癒が行われ、穴の周囲も均一に細胞が分布。ハリ感が得られます。

※ 2 穴をあけるだけでなく、その下に凝固ゾーンを作ります。
そのため、再生は表面だけではなく、より深い層から起こります。

ブリッジセラピーの目的

治療前と治療後・開いた毛穴の改善・ニキビ痕や
水疱跡、傷痕の改善

・総合的な肌質の改善

・妊娠線、肉割れの不明瞭化

熱凝固するタイプのフラクショナルレーザーとの違い

① 1回あたりの治療効果が高めです。

② お顔のタイトニング(引き締め)効果も比較的強めです。

③ より強い治療になりますので、ダウンタイムが長く、
24時間ほどは滲出液が大量に出ることがあります(特にActiveFXやTotalFX)。

治療の流れ

カウンセリング

まずは、診察をさせていただき適応の有無を判断します。治療内容や経過の詳細、コストについて詳しく説明いたします。ご納得いただきましたら治療日を決めます。また、プレトリートメントが必要な場合もあります。

洗顔

パウダールームで、クレンジング/洗顔をしていただきます。

麻酔薬塗布

治療中・後の痛みを抑えるため、痛み止めのお薬を内服していただき、高濃度局所麻酔クリームを塗布します。麻酔が効くまで1時間ほどお待ちいただきます。

ブリッジセラピー施行

対象とする症状や治療範囲によって異なりますが、約15~30分ほどで終了します。

終了直後

15~30分ほど冷却をいたします。

治療後

バリア機能を備えた新しい皮膚の再上皮化は24時間以内に起こります。この間は、洗顔は控えてください。

翌日~

個人差や治療強度にもよりますが、DeepFxのみの場合、赤みは3~7日程残りますが、24時間後よりメイクでカバー可能になります。ActiveFx もしくはTotalFxの場合、カサブタが5日ほど残り、赤みは1~3週間継続します。メイクは5日間はできないとお考えください(湿潤療法を徹底して行うとカサブタは生じませんが、被覆材による副作用が出る場合があります)。まれに治療部位にニキビが多発することがあります。また、治療強度に比例して、色素沈着が発生する確率が高くなります。

1ヶ月~3ヶ月

治療効果は1か月以降、徐々に現れてきます。比較的長い期間(半年~1年)改善傾向は継続します。
治療間隔は3か月以上空けることをお薦めしております。

注意事項

① 日焼けをされていますと、治療ができません。

② ピーリングやトレチノイン治療(トレチノイン含有化粧品)は2週間前から中止してください。

③ ヒアルロン酸やボトックスなどの注入治療からは最低2週間はあけてください。

* 次の方は、ブリッジセラピーができない場合があります。
① 妊娠している方、授乳中の方
② 過去1年以内にアキュテインを服用した方、抗凝固剤を使用している方
③ ケロイド体質の方、傷の治りが悪い方
④ リドカイン(麻酔薬)アレルギーのある方
⑤ 膠原病、糖尿病、免疫不全、血液の凝固障害、悪性腫瘍の治療中の方など
⑥ 1ケ月以内に、治療する部位に他の治療を受けている方
⑦ 瘢痕形成のリスクを承諾できない方
⑧ 金の糸が入っている方
その他、医師が本治療の適応ないと判断した場合

オンライン予約はこちら
無料相談はこちら

ページトップ