美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前 原宿駅竹下口よりすぐ サーマクール、ウルセラ、ミラドライ、ライポソニックスなど最先端治療に取り組んでいます

美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前

ご予約・お問い合わせ

アクセスはこちら

twitter

facebook

HomeQ&Aよくある質問ほくろの治療ができない場合はありますか?

ほくろの治療ができない場合はありますか?

①妊婦の方、授乳中の方
②ペースメーカーなど電子医療機器を身体に留置している方
③局所麻酔薬のアレルギーのある方
④ケロイド体質(傷跡が赤く盛り上がる)など、傷が汚くなりやすい方
⑤重篤な病気、免疫不全、出血性疾患、凝固障害、また抗凝固剤を使用中の方
などの方は、治療が行えない場合があります。

ほくろ・いぼその他質問はこちら

ほくろの治療法には、どのようなものがありますか?

治療は痛いですか?

具体的にどのようなレーザーを使うのですか?

へこむとのことですが、元に戻るのですか?

Qスイッチレーザーを使うことがあるとのことですが、どのように使うのですか?

悪性のほくろがあると聞いたことがありますが?

治療後はどのような処置をすればいいのですか?

かさぶたができるのは、よくないことなのですか?

洗顔はいつからできるのですか?

治療当日から入浴は大丈夫ですか?

顔以外のほくろもとれるのですか?

1回の治療で何個までとれるのでしょうか?

どれくらいの大きさのほくろまでレーザーでとれるのでしょうか?

盛り上がっているほくろもレーザーでとれますか?

通院の必要はあるのでしょうか?

傷が汚くなりやすい部位はあるのですか?

ケロイド体質と言われたことがあるのですが、治療はできますか?

2週間ずっとテープを貼らないといけないのですか?

最終的にきれいに消えるのですか?

治療後のトラブルはありませんか?

へこみは治すことができないのですか?

ほくろの治療ができない場合はありますか?

費用はどうなっているのですか?

再発した場合、再治療に費用はかかるのですか?

お支払い方法はどうなっていのですか?

オンライン予約はこちら
無料相談はこちら
Q&Aトップに戻る

ページトップ