美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前 原宿駅竹下口よりすぐ サーマクール、ウルセラ、ミラドライ、ライポソニックスなど最先端治療に取り組んでいます

美容皮膚科 東京|ペルラクリニック神宮前

ご予約・お問い合わせ

アクセスはこちら

twitter

facebook

Homeレーザートーニング(medlitec6)

レーザートーニング(medlitec6)

レーザートーニング(medlitec6)

レーザートーニング

レーザートーニングとは、メドライトC6というレーザー用いた特殊な照射様式の治療です。

日光性(老人性)のシミや、ソバカスの他、肝斑や炎症後色素沈着をも改善させることが可能です。

レーザートーニングと呼ばれる照射法は、肝斑を悪化させることなく、次第に薄くしていくことが可能で、同時に他のシミ・くすみ、さらには肌質の改善もみられます

このような治療が可能な理由は、メドライトC6 が発振するレーザービームのエネルギー分布(ビームプロファイル)が均一でムラがないことによるものです。

レーザービームの特徴

左が従来のレーザー、右がメドライトC6のレーザービームの模式図です。

レーザービームの特徴

従来のレーザービームプロファイルが、ガウシアン(正規分布)タイプであるのに対して、
メドライトC6は、Flat-Top (平坦で均一)となっています。

この均一なビームプロファイルによって、安定した治療が可能になりました。

肝斑に対するレーザートーニング

これまで、肝班はレーザーを照射してはいけないシミとして知られていました。
実際に、従来のレーザー治療では肝班は悪化するだけでした。

ところが、メドライトC6は安定性に優れ、また均一なビームプロファイルを持っているため、
これまで薬の内服以外に治療法がなかった肝班をも
治療することが可能となったのです。
そして、この治療法はレーザートーニングと名づけられました。

具体的には、1064nmという皮膚に深く入り、かつ肝斑を刺激しすぎない波長を用い、
さらにレーザーのフルエンスを抑えて、シャワーを浴びせるように肝斑の部分に照射していきます。
通常、5回ほどの継続治療が必要です。

レーザー治療に入る前に、内服治療(トラネキサム酸やビタミン剤)を行う場合もあります。

合併症(トラブル)は、ほとんどございませんが、まれに蕁麻疹(じんましん)様の皮疹がでたり、
点状出血(赤い小さな出血点)が生じる場合があります。
これらは、数日から1週間で自然消失します。

施術中は多少チクチクする痛みがありますが、すぐにお慣れになると思います。
どうしても、耐えられないという場合は、麻酔クリームを用いることもありますが、
通常は、施術前にクーリングする程度で十分耐えられる範囲です。

施術前と5回施術後

左が施術前、右が5回施術後

全顔に対するレーザートーニング

顔に照射

レーザートーニングと同様の照射法で、満遍なくお顔全体に照射することにより、肝斑以外のシミやクスミを改善します。
同時に、肌質の改善も伴い、毛穴を引き締め、タイトニング(お顔の引き締め)効果が得られることもあります。

お顔以外にも、首、背中など、お体の様々な部位にも行うことができます。

1~2週間に一度の治療を5回ほど継続された後は、数か月おきに、メインテナンス治療をお受けになることをお薦めします

合併症(トラブル)はほとんどございませんが、稀に一過性の皮疹(できもの)や点状出血が起こることがあります。
それらも、数日~1週間で自然消失します。

治療の流れ

洗顔

診察前に、クレンシジング/洗顔をしていただきます。

カウンセリング

レーザートーニングの適応の有無を判断させていただきます。
治療内容や経過の詳細、治療費について詳しく説明いたします。ご納得いただけましたら施術日を決めます。肝斑治療の場合、お薬の内服など、前処置が必要な場合もあります。

プレクーリング

数分間、施術部位をクーリングいたします。

レーザー照射

対象疾患や治療範囲によって異なりますが、10~15分ほどで終了します。

ポストクーリング

施術後は、皮膚が熱をもち、ほてった感じがしますので、クーリングを行い鎮静させます。

治療後

直後からお化粧は可能ですが、特に施術から48時間は、刺激の強いお化粧品はお使いにならないでください。
また、保湿は十分に行い、日焼け止めは必ず塗布してください。

メインテナンス

数か月おきに、メインテナンス治療を行うことをお薦めします。

注意事項

① 肝斑レーザートーニングの治療の前に、お薬を1~2か月内服していただく場合があります。
②ピーリングやトレチノイン治療は2週間前から中止して下さい。
③皮膚が炎症(日焼け)を起こしている状態や、他の治療などで腫れや炎症が残って
いる場合は、
治療ができない場合があります。

※ 次の方は、レーザートーニングができません。

① 妊娠中の方、授乳中の方、経口避妊薬を使用中の方
② ステロイド、金製剤を使用している方(または過去に金製剤を使用していた方)
③ 金の糸の施術をお受けになった方
④ アートメイクの部位、また肌色、白色の色素を入れている方
⑤ 対象疾患以外の皮膚疾患がある場合

オンライン予約はこちら
無料相談はこちら

ページトップ